SDGsを学ぼう!
おうちdeブイアート
─── イベント ───
おうちdeブイアート
コンテスト開催決定!
コンテスト詳細は10月10日14時〜 生配信にて!

ライブ配信をみる

\ 視聴無料 /

ライブ配信

おうちdeブイアートオンラインでは
各地の海のお話、漂流ブイの紙芝居など
海の環境問題について楽しく学べる情報をお届けします。
配信後半には、
おうちdeブイアートコンテストの詳しい参加方法を発表します。
PROGRAM
14:00〜
あいさつ
14:05〜
紙芝居「ブイの大冒険」
海の漂流物となってしまったブイが海岸にたどり着くまでの物語
14:25~
SDGsを学ぼう!
高校生がわかりやすくまとめたSDGsについてのプレゼンテーション
協力:愛媛県三崎高校の生徒
14:50~
休憩(10分)
15:00~
各地から中継!それぞれの海の話
各地でまちづくりに取り組むみなさんから、海の魅力や直面するゴミ問題についてお話を聞いてみましょう
15:30~
質問コーナー
各地の海のお話や、SDGsについて、気になることを質問してみよう!
15:40~
休憩(5分)
15:45~
ブイアート作品の紹介
各地のアーティストが制作したブイアートを紹介します
15:55~
ブイアートのつくり方
おうちでブイアートを作ってもらう際の注意点やポイントなど
16:05~
ブイアートコンテストについて
ブイアートコンテストへの参加方法や、豪華な賞品について発表します!
16:25~
おわりに
くわしい情報

2020年10月10日(土) 14:00〜

YouTube LIVEで配信!

当日は、こちらからライブ配信に参加いただけます。
リマインド通知の設定もこちらからできます。

HOW TO WATCH

ライブ配信では、チャットでみなさまからの質問を受け付けております。
YouTubeライブの視聴方法はこちらから!


【ご視聴方法】

(1) 配信URLにアクセスしてください。
※YouTubeの仕様により、キッズアカウントおよびYouTubeKidsアプリケーションからのご視聴はできません。
(2) 配信日時になりましたら動画が始まります。
※動画画面のツールバーでライブを選択してご視聴ください。
(3) 講師に質問がありましたら、チャットを投稿してください。
※コメントの投稿にはGoogleアカウントが必要です。
※本名の表示に抵抗がある方は、ハンドルネームなど、表示しても問題がないお名前を再度ご登録ください。

【チャットの投稿方法】

・Googleアカウントをお持ちの場合
(1) YouTubeの画面右上にある[ログイン]をクリックします。
(2) 登録済みのアカウントにログインしてください。
(3) チャット入力欄に質問を入力し、投稿してください。
※コメントの投稿にはGoogleアカウントが必要です。

・Googleアカウントをお持ちでない場合
(1) YouTubeの画面右上にある[ログイン]をクリックします。
(2) 画面下の[アカウントを作成]をクリックします。
※キッズアカウントでは投稿できませんので、あらかじめご了承ください。
(3) 必要な情報を入力し、[次のステップ]をクリックします。
※メールアドレスは普段から使っているものを入力しても問題ございません。
[新しいGmailアドレスを作成]をクリックすると、新たに「○△□@gmail.com」という
アドレスを取得し、それをGoogleアカウントとして使うこともできます。
※登録した氏名は、さまざまな方が見ることが出来ます。
※本名の表示に抵抗がある方はハンドルネームなど、表示しても問題がないお名前をご登録ください。
(4) 登録時に入力したアドレスへ、Googleから確認メールが送信されます。
メール内の確認コードを入力すると、登録が完了となります。
(5) チャット入力欄に質問を入力し、投稿してください。

ブイアートについて

ABOUT

おうちdeブイアートは、日本各地の港町といっしょに「きれいな海を守るためにできることをみんなで考える機会」を創っています。
港町に流れ着いたブイをみんなでペイントして生まれ変わらせるブイアートイベントや、海の漂流物について学べる紙芝居の読み聞かせ、SDGsについての講話など、楽しみながら海のことを考える啓発イベントを実施しています。
おうちdeブイアートコンテストでは、連携している港町から漂流物として拾われたブイをご自宅にお届けし、おうちでブイアートに挑戦していただきます。ブイがやってきた港町のことを想像しながら、届いたブイを使ってみんなのアイデアで素敵なアート作品に生まれ変わらせてください。

コンテストについて

コンテストでは応募いただいたブイアート作品の中から、各港町の方々が審査員となり、各地域の受賞作品が選ばれます。さらに、受賞された方にはそれぞれの地域の特産品やグッズなど、豪華な賞品が贈られます!
審査員をつとめる地域は、愛媛県伊方町佐田岬、広島県竹原市、兵庫県神戸市、和歌山県和歌山市加太、山形県鶴岡市温海の5つのエリアのみなさんです。各地域の紹介はこちら。
コンテストの詳細は、2020年10月10日の生配信でお知らせします。お見逃しなく!
各地紹介
AREA
01
愛媛県佐田岬 (伊方町)
Sadamisaki / Ehime
四国最西端の日本一ほそながーい佐田岬半島。
海に長く突きでた半島は風がよく吹き抜けるため、たくさんの風車がたちならび、「風の街」ともいわれています。半島をはさむふたつの海には新鮮なさかなたちが、豊かな自然に囲まれたけわしい斜面にはおいしいみかんが育っています。
AREA
02
広島県竹原市
Takehara / Hiroshima
かつては塩の街として栄え、昔ながらの街並みを残す竹原。
今も昔も穏やかな瀬戸内ブルーの海を見渡しながら、のんびりと電車旅を楽しめます。たくさんのウサギがいることで話題の大久野島も竹原の港からほど近くです。
AREA
03
兵庫県神戸市
Kobe / Hyogo
日本文化と外国文化が融合した趣のある建物が、文化伝来の地としての雰囲気を演出している神戸。
異国情緒あふれるロマンチックな港からが広がる神戸の海は、都会の魅力が詰まっています。
AREA
04
和歌山県加太 (和歌山市)
Kada / Wakayama
たくさんの釣り客でにぎわう小さな漁師町・加太。
「めでたい電車」に揺られて訪れる加太には、万葉の時代から続く長い歴史があります。ラピュタの島と呼ばれる無人島「友ヶ島」、一本釣りの天然真鯛、海を眺めながら入れる天然温泉など見どころもりだくさん。
AREA
05
山形県温海 (鶴岡市)
Atsumi / Yamagata
新潟県と山形県のさかいめエリア・温海
ブイアートプロジェクト協力地域唯一の東北圏。冬には荒々しい波が打ち寄せる日本海に面した海岸は、瀬戸内海や太平洋とは一味違った雰囲気を持っています。山側では日本最古の織物といわれている「しな織」も有名です。

よくある質問はこちらから

 

FAQ


 

Facebook
ブイアートイベントについての情報をいちはやくお届け!
連携地域の情報や各地の海のレポートなどもみられるので、フォローお願いします!

 

Follow


 

PAGE TOP
MENU